朝のひとこと

松涛会グループでは、拠点ごとに朝礼時に3分間スピーチを実施しています。
スピーチは自由。ここではスピーチの中からひとつを掲載します。

特養フロイデ金比羅 河根 久恵

 昨日、日本列島を横断した台風二十一号は、近畿地方に大きな被害をもたらしました。気象庁によると「非常に強い」状態での台風の上陸は、一九九三年九月の台風十三号以来、二十五年ぶりだそうです。
 二十七年前の台風では、下関にも大きな被害があったのを覚えています。我が家も瓦が飛ばされるほどでしたが、まだ学生だった私の学校が休みになることはありませんでした。
 あの頃と違うのは、災害に事前に備えるようになったことだと思います。今回も、JRをはじめとした公共の交通機関は事前運休を早々と決め、私たちもそのような動きを取ることに慣れてきました。
 自然災害に立ち向かうとは、逃げることなのだと思います。日頃から防災に努め、情報を活かした動きを事前に取る。その学びを大切にしたい、と被害の大きさを見ながら感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>