6病棟クリスマス会

日時:12月24日(金)14:30~15:20
場所:6病棟Dルーム
目的:季節の行事を通し、患者様・ご家族様と楽しい一時を過ごして頂くと共に、スタッフとのコミュニケーションを図る

<患者の感想>
クリスマスソングを歌いながら涙している患者様、大きな声で歌う患者様、手品がはじまると「あ~」と大きな声で驚いたり、笑ったり、とても良い反応でした。
サンタクロースが登場すると
「ありゃなんかな?」と多くの患者様が興味をもたれていました。プレゼントを渡すと、嬉し泣きする患者さまもおられました。

<家族の感想>
「クリスマスソングを一緒に歌いました」
「手品が不思議だった」
「母の笑顔、久しぶりに見ました」等、
ご家族様の喜びを聞くことが出来ました。

<スタッフの感想>
「とても楽しかった」と患者様・やご家族様から喜びの声を聞くことが出来ました。サンタクロースの登場の時の表情がとても良かったので、もう少し早く登場できるようなスケジュールにすればよかったと次回への宿題ができました。

安岡病院6病棟
クリスマス会担当 百合野、山本、宮崎

 

32-1 32-2

7病棟クリスマス会

日時:12月17日(金)14:00~15:00
場所:7病棟

ご利用者様29名、ご家族様31名の出席でクリスマス会を行いました。
ささやかではありましたが、アットホ-ム的で楽しい会を行うことが出来ました。

ボランティアの方のマジックショーや、
全員でのクリスマスソングの合唱、輪投げ、ゲ-ム等を行い、
ご利用者様の日頃みられないような笑顔がとても印象的でした。

安岡病院7病棟
看護師長 杉本美子

 

30-1

平成22年度ケア研究発表会を終えて

22年度、看護部ケア研究発表会が
12月15日(水)午後17時30分より
95名の参加のもと行われました。

朝からみぞれ混じりの雨がちらつく
寒い日にもかかわらず副理事長・常務・事務長やリハビリ・はまゆう苑からも参加を戴きました。

発表演題は8題で、身近な内容をテーマにしているものが多く、参加者の興味・関心を引いたのか質疑応答が活発に行われました。

今回の研究会では、病棟の介護職の方の発表もあり、介護職の方の懸命さに拍手を送りたい気持ちになりました。

研究の質という面では幾つかの課題があり、さらに研鑽が必要ですが、発表会は、発表者・座長・講評者・参加者がそれぞれの役割を立派に成し遂げ、ケア研究会全体としては、まとまりのある立派な発表会だったといえるのではないでしょうか。

安岡病院看護部
研究委員会・委員 岡田久子

 

28-1 28-2 28-3