短時間通所リハ&レッドコード

短時間通所リハビリ
ケアタウン江の浦開設に伴い、彦島内科通所リハビリ室が新館2階に新たに設けられ、従来の通所リハビリ室と渡り廊下で繋がりました。新館通所リハビリ室は、窓枠が大きくとられ、視覚的開放感のある構造となっています。
また、そこから外へ出ると安全面に配慮した手摺付きの広いベランダが設けられています。利用者様は、窓辺に配置されたパワーリハビリ、ベランダでの歩行訓練など開放的な気分でリハビリを行うことが出来るようになりました。

レッドコード導入
レッドコードはノルウェーで開発されたリハビリ機器で、現在、スウェーデンの理学療法で多く取り入れられています。日本においても近年、導入している施設・病院が増えてきています。
レッドコードに手足を通し、体を前後左右に倒したり、ひねったり巧みな組み合わせにより、バランス能力や筋力・柔軟性・姿勢の向上を図ります。レッドコードぜひお試しください。

彦島内科通所リハビリテ―ション
副主任 三原康孝

 

54-1 54-2 54-3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>