看護部 平成25年度 看護・介護研究発表会

IMG_6063

 12月10日(火)17:30より平成25年度 看護・介護研究会を開催いたしました。

 松涛会各部署から132名の参加者がありました。

 演題としては、“患者ケアに関する”

  「透明文字盤の読み取り技術の練習を効果的に行う方法の検討」

  「介護度4・5の高齢者の睡眠・覚醒リズム改善の取り組み」 

  「手に拘縮のある患者に2種類の手袋型クッションを使用しての有効性の検証」

  「経管栄養患者に対する唾液腺マッサージの効果」

 “職員に関連した”

  「遺族への手紙を書くことに対する看護師の意識」

  「介護老人保健施設における看取りのケアについて考える」

  「通所リハビリテーションにおける介護職員の教育プログラムの検討」

  「回復期リハビリテーション病棟看護師の退院支援に対する取り組み」

 以上、各部署の特徴をよく現したものでした。

 今年度も、倫理委員会にて研究の倫理的配慮について、全ての研究が審議を受けました。また、山口大学医学科 非常勤講師・山口県立大学看護学科 非常勤講師の岩本美江子先生による統計の講義を受け、論文の中にも多くの統計結果が掲載されています。

 私たちは今後も研究に取り組み、患者様・利用者様の安全・安心・安楽を提供する為に看護・介護の質の向上に努める所存です。そして、この研究を日本看護学会、全日本病院、日本慢性期医療学会、日本慢性期医療学会、全国介護老人保健施設大会等で発表し、松涛会の医療・介護・福祉を伝えていきたいと考えています。

 

安岡病院 看護部 研究委員会

回復期リハビリテーション病棟(3病棟)師長 岩本守代

13.12.10 IMG_6036 IMG_6094

平成25年度第3回外来教室「糖尿病についてもっと知ろう」を開催して

IMG_0386

 11月29日(金)11時~13時20分に、今年度3回目の外来教室を行いました。はじめに、菊池先生の糖尿病の検査について、実例を交えながらわかりやすく講義していただきました。中には自分の検査データーを持参されている方もいらっしゃいました。

 その後、栄養科提供のカフェランチを試食していただきました。栄養科小林科長よりカロリーや食事の内容を説明していただくと、「これが470カロリー?おいしそう」と参加者の方みなさま笑顔がこぼれていました。糖尿病であっても、料理の工夫を考えればふつうに食べられることを実感できるランチタイムとなりました。

 最後は、田中伸朋理学療法士より、骨粗鬆症と運動療法について講義していただきました。自宅での体操実施時のポイントについて、実際に体操を体験していただき、質問も盛んでたいへん盛り上がりました。

 終了後のアンケートでは、また勉強になった、教室に参加したいという感想をいただきました。来年度も参加者に喜んでいただけるような色々な教室を企画していきたいと考えています。

 

外来 

看護師 井上恵美

IMG_0392 IMG_0388 IMG_0396