患者の権利と責務

松涛会安岡病院は、患者中心の医療を実践するためには、患者の基本的権利と責務を明確にすることが大切であると考え、ここに「患者の権利と責務」を宣言いたします。

1.個人の尊厳

患者は、常に一人の人間として、その人格・価値観が尊重されます。

2.平等で最良の医療を受ける権利

患者は、差別されることなく公平で最良の医療を受ける権利があります。

3.知る権利、自己決定権

患者は、病気の診断、検査・医療の効果と危険性、他の治療法について、わかりやすい言葉で十分な説明を受け、医療の内容を十分に理解し、同意の上で、適切な治療をし、自分の意志で医療を受ける権利があります。
また、セカンドオピニオンとして、他の医療機関の意見を聞くことができます。

4.情報に関する権利

患者は、自分が受けている医療について、情報の提供を受ける権利があります。

5.プライバシーの権利

患者は、医療上得られた個人の情報やプライバシーを護られる権利があります。

6.医療に協力する責務

患者は、医師・看護師・介護職員などと協力して、病院の規則を守り、提供される医療を受け、できるだけ健康的な生活習慣を身につける責任があります。他の患者の治療に支障を与えないように配慮する責務があります。