医療療養 病棟(東3病棟)

医療療養病棟とは?

 主に医療の必要度の高い患者を受け入れる病棟です。

<医療区分Ⅱ対象者>

 パーキンソン病・慢性閉塞性肺疾患・肺炎治療・褥瘡治療(Ⅱ度以上2ヶ所) 吸引(8回/日)・気管切開及び気管内挿管などを行っている方です。

<医療区分Ⅲ対象者>

 24時間点滴を実施している状態(7日間)・血糖検査(3回以上/日)24時間 酸素療法を実施している状態・気管切開または挿管が行われかつ発熱を伴う状態・ 感染症の治療の必要性から隔離等での管理をしている状態などの方です。

対象者

医療区分Ⅱ・Ⅲの医療度の高い患者と在宅復帰を目的として治療・リハビリを実施している患者が対象となります。

医療療養病棟(東3病棟)の紹介

 医療療養病棟は、急性期医療を終えて慢性期医療を必要とする医療度の高い患者や在宅および施設入所患者で入院治療が必要となった患者を受け入れています。多職種と連携を図り、思いやりと気配りを大切に、患者に寄り添った医療・看護・介護が提供できるように日々研鑽しています。
一緒に働く仲間たちは楽しく・明るく・やりがいのある職場づくりを目指して頑張っています。

医療療養病棟(東3病棟) 看護師長 藤野 仁美

基本方針や理念等

 ・私達は、患者と家族の心に寄り添った、優しくて温かく専門性のあるケアを提供いたします。

介護病棟