老人保健施設 コスモス

老健施設コスモスは、要介護者に対し、在宅復帰並びに在宅での生活を支援するために、
医師・看護職・介護職・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・管理栄養士等の専門職が、
リハビリを中心とした医療・看護・介護等を提供します。

コスモス外観②

お問い合わせ先

お気軽にご見学・ご相談ください。

[TEL]
083-258-3030
[FAX]
083-258-1300
【受付時間】
①8:30~16:30 ②8:30~12:00
【受付日】
①月曜日~金曜日(但し、祝日は除く) ②土曜日

担当 嶺﨑・西嶋

施設案内

入所者の有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるように、施設サービス計画に基づいて、看護、医学的管理の下における介護及び機能訓練その他必要な医療並びに日常生活上の支援を行います。

入所対象者

  • 要介護1以上の65歳以上の高齢者→(ただし40歳以上64歳未満でも
                     特定疾病により介護認定が出ている人)

  • 病状が安定している。

  • 入院治療の必要がない。

  • 退院後、在宅での生活に不安がある方。

    入所について 

  • 原則3ヶ月。終身利用は不可。

  •  

    施設案内 

    入所施設の概要(3階、4階、5階)

     入所定員 71名(ショートステイ含む)

    療養室の種類 個室 7室、2人室 6室、多床室 13室 
    一般棟
    (3階、5階)

    46床

    入所者の在宅生活への自立を支援します。

    認知症棟
    (4階)

    25床

    認知度判定で認知症専門棟における処遇が適当であると医師が認めた方が入所し、在宅における生活を営むための支援をします。

     

    通所施設の概要(2階)

     通所リハビリテーション(介護予防通所リハビリテーション) 参照

    他機関・施設との連携

    協力医療機関への受診

    入所者の状態が急変した場合には、協力いただいている病院・診療所や歯科診療所に、速やかに対応をお願いするようにしています。 

    他施設の紹介

    当施設での対応が困難な状態になったり、専門的な対応が必要になった場合には、他の機関・施設をご紹介します。

ご利用案内

施設サービス計画

この計画は、ご利用者に関わるあらゆる職種の職員の協議によって作成されますが、その際、ご本人・扶養者の希望を十分に取り入れ、また、計画の内容については同意をいただくようになります。

医療 介護老人保健施設は入院の必要のない程度の要介護者を対象としていますが、医師・看護職員等が常勤していますので、ご利用者の状態に照らして適切な医療・看護を行います。
介護 施設サービス計画に基づいて実施します。

リハビリ

専属のリハビリスタッフ(PT・OT・ST)を配置し、個別のリハビリテーション計画に基づいてリハビリを行います。

 

生活サービス

当施設入所中も明るく家庭的な雰囲気のもとで生活していただけるよう、常に利用者の立場に立って運営しています。

療養室 個室、2人室、4人室
※個室、2人室の利用には、別途料金をいただきます。
食事 食事は原則として食堂でおとりいただきます。
治療食等の提供 通常のメニューの他、治療食も用意しています。
また、より食べやすいようにキザミ食、ミキサー食等も用意しております。
入浴 週に2回。ただし、利用者の身体の状態に応じて清拭となる場合があります。
その他 電気用品等の利用もできます。
※電気代は、別途料金をいただきます。
 

入所申し込みの流れ

当施設では、ご本人にもご家族にも安心して入所していただけるよう、以下の流れで相談を受け付けています。(空室利用によるショートステイも利用可能です。)

1.電話にてご相談ください。

   TEL:083‐258‐3030(支援相談員:嶺崎、または西嶋まで)

   【受付曜日】 ①月曜日~金曜日(但し、祝日は除く)

   【受付時間】 ①8:30~16:30 ②8:30~12:00

   入所の目的や現在の状況等、大まかなことをお聞きいたします。
   ご来所いただける日時の調整を行います。

 2.ご来所していただいてのご相談、申込み、施設見学。

   入所の目的、病気や介護の状態、ご家族の状況、退所後の方向性
   ・ご希望・目標などをお伺いします。
   介護老人保健施設の役割や老健コスモスの方針、規定、料金等の説明をします。
   その後、施設内の見学・説明をいたします。
   入所を希望される場合、主治医の「診療情報提供書」等を基に、詳細な現状を
   把握させていただきます。 

3.入所判定会議開催

   診療情報提供書の内容、訪問調査の結果などを入所判定基準に基づき、入所判定会議で、
   入所の可否を判定します。必要時、当施設の職員が、ご本人様がいらっしゃるご家庭や
   入院中の病院、或いは施設を訪問し、面接を行います。また、病院や施設のスタッフの方
   から医療、リハビリ、介護に関する情報をお聞きします。

4.判定結果のご連絡

   お電話にてご連絡いたします。
   入所可の場合は、ベッドの空き状況、ご家族様のご都合等を
   勘案し、入所日時の調整をいたします。
   入所が困難となった方にも、結果とその理由を説明するためお電話いたします。

5.入所手続き

   契約時に以下のものが必要です。忘れずにご持参ください。

   ①介護保険証・介護保険負担割合証・医療保険証
    (国民健康保険・後期高齢者医療等)

   ②公費負担医療制度(重度障害者医療、被爆者医療)を利用の方は各医療証

   ③印鑑(ご本人、身元引受人の分)
    退所を目的とした施設サービス計画の策定及び診療方針の策定のために、
    当該入所者が退所後生活する在宅を訪問させていただきます。

 

 

入所判定基準(こちらをクリックしてご確認ください。)

老人保健施設コスモス   所定疾患施設療養費 算定状況

 

平成24年4月より、厚生労働大臣が定める基準に適合する老人保健施設において、入所者様が所定の疾患を発病した場合に、投薬・検査・注射・処置等を行ったときに所定疾患施設療養費を算定することになりました。

厚生労働大臣が定める基準に基づき、治療の実施状況について公表いたします。

 

【 条 件 】

 ①対象となる入所者の状態は次のとおりである。

  イ、肺炎

  ロ、尿路感染症

  ハ、帯状疱疹(抗ウイルス剤の点滴注射を必要とする場合に限る)

 ②1回に連続する7日を限度とし、月1回に限り算定する。

 ③診断名、診断を行った日、実施した投薬、検査、注射、処置の内容等を診療録に記載しておくこと

 ④請求に際して、診断、行った検査、治療内容などを記載すること

 ⑤算定開始後は、治療の実施状況について公表すること

【 主な治療内容 】

肺炎

血液検査、胸写 酸素吸入 抗生剤の内服 抗生剤の点滴注射 血中酸素濃度の測定

水分補給(経口・点滴)喀痰吸引など適宜必要な治療

尿路感染症

尿検査(尿定性・尿沈査)血液検査、抗生剤の内服 抗生剤の点滴注射 血中酸素濃度の測定 水分補給(経口・点滴)など適宜必要な治療

 

【 所定疾患施設療養費の算定状況 】

平成24年度

病名

件数

延べ日数

6月

肺炎

2

6

尿路感染

1

2

7月

肺炎

1

6

尿路感染

1

5

9月

尿路感染

1

5

10月

肺炎

1

3

11月

肺炎

1

7

12月

尿路感染

1

7

2月

尿路感染

1

4

3月

肺炎

1

6

 

合計

11件

51日

 

平成25年度   算定なし

 

平成26年度

病名

件数

延べ日数

2月

肺炎

1

6

 

合計

1件

6日

 

平成27年度

病名

件数

延べ日数

4月

尿路感染

1

7

12月

肺炎

1

5

尿路感染

1

3

3月

尿路感染 1 4

 

合計

4件

19日

 

平成28年度

病名

件数

延べ日数

4月

尿路感染

12

肺炎

5月

尿路感染

14

肺炎

7月

肺炎

8月

肺炎

1

12月

肺炎

1

2月

肺炎

1

 

合計

11件

51日

 

平成29年度

病名

件数

延べ日数

4月

尿路感染

5月

肺炎

6月

肺炎

8月

尿路感染

1

10月

肺炎

14

11月

肺炎

28

12月

肺炎

14

1月

肺炎

14

尿路感染

2月 肺炎

45
3月 肺炎 28

 

合計

26件

175日 

 

平成30年度

病名

件数

延べ日数

4月

肺炎

14

5月 

肺炎

10

尿路感染症

6月 

肺炎

18

尿路感染症

8月

肺炎

9月

肺炎

10月

肺炎

12

11月 

肺炎

尿路感染症

12月 

肺炎

尿路感染症

1月

肺炎

21

尿路感染

21
2月 肺炎

11
尿路感染

 

合計

30件

165日