施設のご紹介

グループホーム

おひとりおひとりの立場になって常に考え、家庭的な雰囲気の中で安心を提供いたします。

施設案内

施設案内

グループホームは、認知症と診断された皆様を対象とした共同生活の場です。定員は9名で、お部屋はすべて個室。食事、排泄、入浴など、日常生活全般のケアを提供しています。

入居者様の思いと尊厳、ご家族のつながりを大切にしながら、今まで通りの生活、その方らしい穏やかな毎日を過ごしていただけるよう、努力しています。

中庭や窓から自然光がふんだんに入る館内は、いつも明るく開放的です。

和室があり、ふすまは源氏襖と障子でできており、落ち着ける空間になっています。

「ゆとりの空間で 実りあるくらしに 歓喜(フロイデ)を」を理念に掲げ、入居者様・ご家族・職員も家族の一員として生活の場を共有させていただき、お困りの際などいつでも身近でご支援いたします。

女子力アップ会
女子力アップ会
食事準備
食事準備
書道
書道

少人数での共同生活だから、きめ細かなケアが可能。

1ユニットが9名の少人数体制で共同生活をしています。個々の行動は、基本的に自由。気の合う同士でおしゃべりをしたり、皆様思い思いのことをして過ごされています。日中は3名以上の職員を配置。お一人お一人をきめ細かく見守りながら、個人のご希望にもできるだけ添えるよう努めています。

今の力を維持できるよう、自分でできることは、自分で!

ご自宅での生活を継続できるよう、全職員で声をかけ、見守りながら、できることはなるべくご自分でしていただくように支援しています。また、さまざまな行事や活動も企画。生活リズムを整え、活動量を増やし、温かな声かけを徹底していくことで、穏やかに過ごしていただくことができます。

運営推進会議で、開かれた運営を心がけています。

運営推進会議って?

グループホームフロイデ金比羅は、地域密着型サービス事業所。地域に開かれたサービスと、質の確保・向上を目的に、概ね2か月に1回、運営推進会議を開催しています。

メンバーは、利用者の代表・利用者の家族・地域包括支援センター職員・地域住民の代表(自治会長・婦人部長・民生委員)・施設代表職員(施設長)・グループホーム代表職員(管理者・副主任)で構成。

利用者の平均介護度や入退居、待機者状況、現在進行中の取り組みといった近況報告や、行事の報告などを行い、メンバーの皆様より助言をいただいています。

また市の職員の方からは市内で行われるイベントや勉強会の案内をしていただいたり、地域住民の方からは地域の情報を教えていただいています。

運営推進会議の効果は?

まずはメンバーの方々に、「グループホーム」や「認知症」について知ってもらう機会となっています。会議でお会いするだけではなく、フロイデ金比羅の行事にボランティアで参加していただき、実際に利用者の方々と関わっていただくこともあります。

今後も地域の一員として親しまれ、喜ばれるグループホームであり続けたいと思っています。

ご利用案内

ご利用できる方

  • 要介護者及び要支援2の方
  • 認知症と診断された方
  • 認知症の原因疾患が急性期でない方
  • 認知症による精神症状が落ち着いており、共同生活ができる方

サービスの内容

  • 入浴、排泄、食事、洗濯、着替え等の介護、その他日常生活上の援助
  • 専門的な知識・経験を要しない機能訓練
  • 協力病院との連携
  • 相談・援助
  • 市町村に対する手続きの代行、その他社会生活上の便宜の提供

年間行事

  • 誕生日会、文化祭
  • 児童・生徒との交流会、花見、夏祭り、クリスマス会、初詣など

お食事

お食事は、入居者の皆様の大きな楽しみの一つ。栄養だけでなく、おいしさや見た目にもこだわるために、心を配っています。

詳しくはこちら

医療との連携

安岡病院、山の田内科とパートナーシップを提携。ドクターが定期的に巡回するなど、病院とグループホームの職員が密接に連携しながら、入居者様の健康を見守っています。

詳しくはこちら

ご利用料金

要介護度などによって、利用料は分かれています。料金表をご確認ください。

詳しくはこちら

見学及び入居申し込み

見学や入居をご希望される方は、お気軽にお問い合わせください。見学は毎日受け付けています。
(見学希望の方は事前にご連絡下さい)

詳しくはこちら

施設見学は、いつでも受け付けております!

グループホーム フロイデ金比羅

083-227-2813

担当:高橋

〒750-0058 山口県下関市金比羅町10-1