はまゆう苑の特色

医療との連携 入居者の健康情報や、待機者情報などを共有。365日の連携が、迅速な対応を可能にします。

photo:医療との連携

はまゆう苑は、安岡病院を中核とした特定医療法人と、日常的に連携。さまざまな情報を共有することで、迅速かつ包括的なサポートを実現しています。

安岡病院と連携した安心のサポート

photo:勉強会の様子

勉強会の様子

はまゆう苑に隣接する安岡病院は、常日頃から「医療と福祉の連携」を実践しているパートナーです。例えば、ドクターによる頻繁な巡回。急変の際の迅速な対応。また、互いの看護師同士も常に入居者や利用者に関する情報を共有。感染症など重要なテーマに関しては、ドクターや介護士が施設や職種の壁を超えて一緒に学び合いながら、現状の課題の把握や改善に取り組んでいます。

安岡病院のウェブサイトはこちら

タイムリーなテーマを学び合う「委員会活動」

はまゆう苑には、職員による4つの委員会があります。「医療的ケア委員会」「事故対策委員会」「感染症対策委員会」「排泄褥瘡委員会」「食事口腔ケア委員会」が定期的に活動中。事例の検討や、マニュアルの検討・見直し、勉強会などを通して、職員間の情報の共有を図るとともに、個々の資質向上に常に取り組んでいます。

photo:医療的ケア委員会

医療的ケア委員会

photo:事故対策委員会

事故対策委員会

photo:感染症対策委員会

感染症対策委員会