朝のひとこと

松涛会グループでは、拠点ごとに朝礼時に3分間スピーチを実施しています。
スピーチは自由。ここではスピーチの中からひとつを掲載します。

フロイデ金比羅 ショートステイ  井原 絹子

 ここで、イソップ物語より一つ。ある日、レンガ運びをする3人の職人がいました。彼らに通り掛かりの人が尋ねます。「何をしているんだい?」と。1人目は、「レンガ運びだよ。」と答え、2人目は「壁を作っているのさ。」と。そして3人目は誇らかに「歴史に残る、偉大な大聖堂を建てているんだ。」と答えました。
 そこから見えてくるものは、見た目は同じ作業をしていても、心の持ち方一つでやりがいは大きく変わるという事です。物事に対して「何のため」という目的を考える人の心は、限りなく広がっていきます。
 明日から12月。今年も残すところ、あと一ヶ月です。この1年を振り返ると共に、目的観を持って行動し、日々前進していける自分へと成長していきたいと思います。

朝のひとこと

松涛会グループでは、拠点ごとに朝礼時に3分間スピーチを実施しています。
スピーチは自由。ここではスピーチの中からひとつを掲載します。

 

平成29年11月29日
小規模多機能ケアタウン山の田 堺 典子

今年は友人に沢山会えた一年でした。同じキャンパスで過ごしてからもう30年。
みんなと子育て、親の介護と看取り、自分たちの健康の話等、多くのことを語り合いました。
そこには家庭の数だけ「家族の形」がありました。もう少しで人生の折り返しに差し掛かります。これからもきっと、「家族の形」が変化していくと思いますが、お互い頑張っていこうねと、来年の11月に再会することを約束して帰路につきました。一年後、実のある報告が出来ればいいなと思います。

 

在宅医療・介護保険相談センターが移転しました。(安岡居宅等追記)

以下の事業所の住所及び電話番号が変更となります。

また、名称が「よしみ・安岡在宅医療・介護総合支援センター」に変更となります。
今後ともよろしくお願い致します。

※安岡居宅・よしみ居宅を追記しました。

・コスモスホームヘルパーステーション
 電話番号 083-250-6891 FAX 083-250-6876
 住  所 下関市吉見本町1丁目3番31号

 

・コスモス訪問看護ステーション
 電話番号 083-250-6870 FAX 083-250-6876
 住  所 下関市吉見本町1丁目3番31号

 

・24時間ケアサポートよしみ・安岡
 電話番号 083-250-6950 FAX 083-250-6876
 住  所 下関市吉見本町1丁目3番31号

 

・かもめヘルパー
 電話番号 083-250-6020 FAX 083-250-6876
 住  所 下関市吉見本町1丁目3番31号

 

・よしみ居宅介護支援事業所
 電話番号 083-250-6881 FAX 083-250-6876
 住  所 下関市吉見本町1丁目3番31号

 

 

 

・安岡居宅介護支援事業所
 電話番号 083-259-7171 FAX 083-258-3000
 住  所 下関市横野町3丁目16番35号

広報委員会

朝のひとこと

松涛会グループでは、拠点ごとに朝礼時に3分間スピーチを実施しています。
スピーチは自由。ここではスピーチの中からひとつを掲載します。

平成29年11月21日
彦島ヘルパーステーション 植田貴実代

 安岡病院の近くに「胡家」という中華料理店があります。
 店長の胡さんが今年の2月から月に1回「ゆうぱる下関老の山」で中華料理教室を開いています。
 北京出身の胡先生は料理を教えてくれながら、中国の風習や大晦日の家族での様子を話してくれます。31日の晩は家族皆が丸いテーブルに集まってぎょうざの皮を作ったり、水ぎょうざを包む手伝いをし、皆で食事をするそうです。
 母親の作ってくれた水ぎょうざを食べてからでないと、若者は彼女の所に出掛けることは出来なかったそうです。
 北京では寒くて色々な野菜が育たず果物等無くて子供の頃は白菜ばかり食べていたと笑顔で話されます。
 中国の風習と良く似た日本の風習や昔は日本にもあったが今では消えてしまった風習を気づかされる貴重な教室でもあります。
豊さと引き替えに失う物の尊さを思いながら、その日作った酸辣湯スープの味に感激した一日でした。

朝のひとこと

 松涛会グループでは、拠点ごとに朝礼時に3分間スピーチを実施しています。
 スピーチは自由。ここではスピーチの中からひとつを掲載します。

 

平成29年11月9日
フロイデ彦島デイサービスセンター  下道 彩

 人には、色々な運にめぐり逢うチャンスがありますが、中でも私は良い人とめぐり逢う運に恵まれています。

 まずこの世に産まれて、両親のもとに産まれてきた事。
 小・中・高校の学生時代、仲良く接してくれた友人たち。
 社会に出てから結婚をし、現在に至るまで数えきれないほどの人達と出逢いましたが、全ての出逢いが私にとっての宝物です。
 そして、今からまだ、たくさんの人達に出会うチャンスがあるでしょう。
 今まで出会った人達やこれから出逢うであろう人達にも私との出逢いが宝物だと思ってもらえるような私になりたいと思います。