チャレンジデーに参加しました。

20180531-01

今年も5月30日のチャレンジデーに松涛会グループで参加しました。

職員はもちろん、デイサービス等の利用者様も参加しました。

安岡病院では、「健康運動実施指導者」の資格をもつ水野副看護部長が、交流ホームで講師をつとめ、イスに座って行う有酸素運動ケアビクスを実践!
多職種の職員が楽しく汗を流しました。

20180531-02 20180531-03 20180531-04 20180531-05

チャレンジデーとは、年齢や性別を問わず誰もが気軽に参加できる住民総参加型のスポーツイベントです。
 当日は、人口規模がほぼ同じ自治体同士が、午前0時~午後9時の間に、15分以上継続して何らかの運動やスポーツをした住民の『参加率(%)』を競い合います。
 敗れた場合は、対戦相手の自治体の旗を庁舎メインポールに1週間掲揚するというユニークなルールがあります。
(下関ホームページより抜粋)

今年は、東京都江戸川区と下関市の対決!カテゴリー6(250,000人以上)
51.0%と68.7%で下関市が勝利しました!

詳細は、笹川スポーツ財団の公式ホームページへ
http://www.my-ssf.com/cdresult/index.html
もしくは、下関市のホームページへ
http://www.city.shimonoseki.lg.jp/www/contents/1521074198977/index.html

広報委員会

研修報告会

20180525-01

毎月25日に開催する研修報告会。
今月は以下の3名。

日時:平成30年5月25日(金)13:00~14:00
場所:地域交流ホーム
(発表名・発表者)

1.「風力発電について」
                             安岡病院 院長  戸田 健一

2.「医療事故発生時の責任と看護記録」

                            安岡病院 3病棟  渡部 あゆみ

3.「ワンポイントレッスン
      体にいい料理の覚え方」
                                 理事長  斎藤 正樹

広報委員会

20180525-02

朝のひとこと

松涛会グループでは、拠点ごとに朝礼時に3分間スピーチを実施しています。
スピーチは自由。ここではスピーチの中からひとつを掲載します。

 小規模多機能ケアタウン山の田
胡摩田 美子

 ケアタウン山の田に異動する事が決まった時には、利用者さんの事や業務など覚えられるだろうか?など不安がいっぱいでした。毎日いろんなことに戸惑いながら、あっという間に一ケ月半が経ちました。ふと、新しく登録になった利用者さんも同じように戸惑っているのではないか?と考えるようになりました。
 年齢を重ねた方が違う環境での生活を始める大変さは私が想像する以上に大変な事ではないかとも思いました。まだまだ、分からない事もたくさんあるので職員の方々に教えてもらいながら一歩ずつ前に進んでいきたいと思います。

朝のひとこと

松涛会グループでは、拠点ごとに朝礼時に3分間スピーチを実施しています。
スピーチは自由。ここではスピーチの中からひとつを掲載します。

特別養護老人ホームはまゆう苑
医務 土井美恵

”ブスの25ヶ条”って知っていますか?
1.笑顔がない
2.お礼を言わない
3.おいしいと言わない
4.目が輝いていない
5.精気がない
6.いつも口がへの字をしている
7.自身がない
8.希望や信念がない
9.自分がブスである事を知らない
10.声が小さくいじけている
11.自分が正しいと信じこんでいる
12.愚痴をこぼす
13.他人をうらむ
14.責任転嫁がうまい
15.いつも周囲が悪いと思っている
16.他人に嫉妬する
17.他人につくさない
18.他人を信じない
19.謙虚さがなく傲慢である
20.他人のアドバイスや忠告を受け入れない
21.何でもない事にキズつく
22.悲観的に物事を考える
23.問題意識を持てない
24.存在自体が周囲を暗くする
25.人生においても仕事においても意欲がない
                      以上

 容姿に関係なく、心の持ちようしだいで変わるという事です。
もし、いくつか心当たりがあれば、これをきっかけに注意してみてはいかがでしょうか?「気づく」ことが出来たら変化への第一歩「意識する」ことが出来たら、その瞬間から成長しているのだと思います。
 まだまだ、自分を変えられる時間はあると思います。ちょっと立ちどまり、一息つくのもありなのでは。