安岡沖風力発電建設反対デモ行進

20181211-11

12月9日(日)13時、第5回安岡沖洋上風力発電建設に反対するデモ行進が、下関海峡メッセ周辺にて開催されました。寒い(6℃)中、約800名の地域住民の方々に参加して頂きました。皆様大変お疲れ様でした。
医療・福祉の立場から述べると巨大な風力発電が目の前にできた場合、病を持っている患者さんや身体的に弱くなっている高齢者さん、そして職員に対し、頭痛やめまい、吐き気、平衡障害、自律神経失調症、生理不順等の健康被害が生じる可能性があり、とても容認できるものではありません。
これからも地元自治会連合会、自治会の皆様としっかり「建設反対の声」をあげていきます。皆様におかれましては、今後ともご理解、ご協力を何卒よろしくお願い致します。
<何故、風力発電建設に反対しているのか?>
私達が建設反対する理由はひとつ。安岡沖洋上風力発電が、「当院から1.5kmの近すぎる距離」に1基150mを超える「巨大風車」を建てる計画の為、反対しています。
地域性として半径5km以内に約8万人が住む人口密集地であり、且つ教育機関(小学校・中学校・高校)、医療機関(急性期病院や回復期・慢性期・精神病院、診療所)、福祉施設等があります。(ちなみに、自然エネルギー先進国の欧米では、巨大風車は民家から「平均10km以上」離れて建っています。)
1基でも建った場合、何億円も撤去費用が生じる風車を撤去することは不可能。未来永劫その地が発展することはないでしょう。だれが「健康被害(頭痛・目まい・吐き気・平衡障害・自律神経失調症・生理不順等)」にかかる可能性がある場所で生活しようと思いますか?答えは出ています。
また、安岡沖洋上風力発電建設反対署名数は「10万筆を超え」、安岡自治連合会、綾羅木自治会、山口県病院協会、下関市医師会北浦班、山口県宅建協会等、各団体も反対声明を出しています。下関市議会は全会一致で建設に反対の可決となりました。
そして、山口県知事、下関市長は『地元地域住民に対し十分な説明を行うこと』と前田建設に対し宿題を出していますが、今現在、風力発電建設から隣接している安岡や綾羅木、吉見・吉母地区への自治会を通じた地域住民を対象とする説明会(市報での通知も含め)は「1度も開催されていません」。しかし、市には「小規模ながら複数回開催している」と報告しているとのこと。不安や不信感が強くなるばかりです。
日本屈指の夕陽が見える響灘。景観も壊し、環境も破壊します。大げさではありません。自然エネルギー先進国の現状を見てみればわかります。安岡沖に風力発電は絶対に必要ありません。

松涛会グループ  
常務理事 斎藤英樹

20181211-12 20181211-13 20181211-14 20181211-15 20181211-16 20181211-17 20181211-18 20181211-19 20181211-20 20181211-21 20181211-22 20181211-23 20181211-24 20181211-25 20181211-26 20181211-27 20181211-28 20181211-29 20181211-30 20181211-31 20181211-32 20181211-33 20181211-34

今年も「第40回馬関祭り 平家踊総踊り大会」に参加しました。

20170822-01

今年は松涛会グループより117名のスタッフが参加。会場全体で約4,000名が踊りました。
暑さに負けず最後まで元気よく踊り、私達の元気さや真面目な所を見にきて下さった皆さんに伝えることができたと思います。
夜勤明けのスタッフもいる中、スタッフの頑張りに頭が下がりました。
今日の祭りで体験感じたことを患者さんや高齢者さんに伝えて下さい。
平家踊りに参加したスタッフ、荷物番や写真班等、裏方で動いてくれたスタッフ、全てに感謝致します。

松涛会グループ常務理事 斎藤英樹

20170822-02 20170822-03 20170822-04 20170822-05 20170822-06 20170822-07

海岸清掃

日時:平成24年6月17日(日)
場所:横野海岸
天気:曇り
参加人数:約200名(うち松涛会グループ参加人数、54名)

地元自治会が中心となって執り行われます海岸清掃に今年も医療法人と社会福祉法人の職員が参加。御子様と共に家族で清掃活動を手伝ってくれた職員の姿もありました。
今回清掃したのは、横野海岸清掃・福江海岸・西安岡海岸。参加者多数だった為、予定より早く作業は終了しました。清掃作業後、海岸はとてもスッキリとしていました。

フロイデ彦島では毎週職員が海岸清掃を行っていますが、毎週清掃しても、日本だけでなく、中国語、韓国語が記載されたゴミが打ち寄せられます。その殆どが自然に還ることのないビニールやプラスチック。人間が生み出しているもの。今回安岡にて清掃したゴミも木々を除くと同じ傾向ではないかと感じます。

下関市や山口県、日本、そして地球全体がゴミのない環境に近づくことができるように、私達ひとり1人のできることをまずはやってみることが大切。
今回、海岸清掃について一緒に汗をかいた地域の皆さま、松涛会グループ職員の皆様、大変お疲れさまでした。

松涛会グループ
常務理事 斎藤英樹

 

105-1 105-2 105-3

1月研修報告会

毎月25日に開催される研修報告会。
今月は以下の4名による。

日時:平成24年1月25日(水)13:00~14:00
場所:地域交流ホーム
発表名・発表者:
1.私の事業所運営 相談室主任 藤井裕之
2.回復期セラピストマネジャー研修
リハビリテーション科科長 品川紀史
3.介護予防ケアマネジメント従業者研修に参加して
フロイデ彦島居宅介護支援事業所介護支援専門員 大竹憲一
4.顧客満足度向上・接遇委員会接遇マナーマニュアルについて
コスモス通所リハビリテーション師長 水野佳代子

松涛会グループ
常務理事 斎藤英樹

72-1

地域へ情報発信

利用者様や職員により昨年、松涛会文化祭に出展された作品を以下の日程で展示致します。
地域へ情報発信する取組みにご賛同して頂き、山口銀行様、下関東郵便局様へ心よりお礼申し上げます。
また、この通信をお読み頂いている皆様方、以下の日程で銀行や郵便局へ展示しております。おこしの際には是非立ち寄って頂けると幸いです。

1月16日(月)~1月27日(金)
山口銀行 安岡支店
1月30日(月)~2月10日(金)
下関東郵便局
2月13日(月)~2月24日(金)
山口銀行 彦島支店

写真は、山口銀行安岡支店にて作品を店内に取りつける作業をしている様子。

松涛会グループ
常務理事 斎藤英樹

71-1 71-2 71-3