看護部

看護部の基本方針

私たちは、患者と家族の心に寄り添った、優しくて、温かく専門性のあるケアを提供いたします。

 

  1. 患者の尊厳を守り身体的、精神的、社会的自立への道を支援します。
  2. 快適で心地よい療養生活がおくれる空間と時間を提供いたします。
  3. 地域の皆様の健康づくり、疾病予防の支援をいたします。
  4. 他職種と連携しチーム医療の一員として看護の専門性を発揮いたします。
  5. 「ケアリングの精神でケアを、専門職として誇りを持って質の高いケアを」をモットーに実践いたします。
    そして、自己啓発をして学ぶ姿勢を持ち続ける人材を育成いたします。
  6. 職員の健康に注意し、働きやすい環境づくりに努めます。
  7. やりがいを持って働きつづけることができる看護部に努めます。
 

看護部長の挨拶

刀禰美津子

 安岡病院看護部は、病院理念である「医療・介護・福祉の連携、地域との連携」の精神のもと、「患者と家族の心に寄り添った優しくて暖かく専門性のあるケア」を基本方針とし、看護・介護の提供に努めています。
 医療の高度化が進む中、地域包括ケアが推進されています。そのために多職種との連携が求められ、それぞれの専門性を発揮しなくてはなりません。そこで、看護・介護の専門職として質の向上を図るため教育委員会を中心に、新人看護師や既卒看護師に対しての教育、プリセプターシップを導入し、個人の能力やキャリアアップを尊重しながら丁寧に指導しています。また、患者・家族に満足していただけるよう、看護・介護技術の習得についても力を入れております。
 看護部では、ワークライフバランスの視点で多様な雇用形態を受け入れ、業務改善を行い、働きやすい環境づくりに努めています。さらに職員がやりがいを持って働けるように認定看護師や専門的資格取得等のキャリアアップ支援にも力を入れています。
 「あなたがいてよかった、この病院でよかった」と患者に満足して頂けるためにも職員が「この病院で働けてよかった」と思える働きがいのある職場環境づくりをめざしています。