社会医療法人松涛会 安岡病院|山口県下関市

  1. 安岡病院について
  2. 患者支援センター

患者支援センター

患者支援センター担当者からの挨拶

相談支援にあたっては、患者、家族の考え方、価値観、人生観はそれぞれ異なります。これからどのように人生を送りたいのか、どのように考え、何を希望されているのか、また患者家族の気持ちを大切にしながら、思いに寄り添い解決方法を提案し、相談支援を行っています。
また、突然の病気やけがを機に病院へ入院された時は、今後のこと、経済的なことなど様々な心配ごとが出てきます。誰もが本来問題解決する能力をお持ちであり、それまでの人生で様々な課題をご自身の力で、乗り越えられて来ています。その能力を最大限生かして、病院の多職種、地域の関係者と連携し、問題解決につなぎ、安心した医療介護福祉を受けていただくことができるよう支援させていただきたいと思います。
 
患者支援センターは、医療相談室と入退院支援室を配置しています。医療相談員、看護師が入院相談、入院中のこと、退院後のこと等、患者が安心して入院、療養、退院が行えるように、地域の関係機関と連絡・連携の窓口としての役割を果たして参ります。
どうぞよろしくお願いします。

集合写真
なんでも相談受付

患者支援センター

センター長 楠美 由紀 (医師)
副センター長 軍神 弘美 (看護師)

医療相談室

宮部 靖啓 (社会福祉士、
入退院支援室兼務)
野村 佳奈江 (社会福祉士、
精神保健福祉士)
山本 麻美 (社会福祉士)
石丸 洸星 (医療相談員)
樋口 浩子 (社会福祉士)
紫垣 実伽 (社会福祉士)
上田 唯 (社会福祉士)

入退院支援室

室長 藤井 裕之 (社会福祉士)
水野 佳代子 (看護師)
水木 龍子 (看護師)
筧 眞美 (看護師)
坂本 久子 (看護師)
宮部 靖啓 (社会福祉士、
医療相談室兼務)