LSVT®LOUD&BIG

LSVT®(Lee Silverman Voice Treatment)とは、アメリカで考案され、パーキンソン病に特化したリハビリテーションプログラムです。

LSVT®LOUD

パーキンソン病患者さんは、会話する声が小さくなりがちです。
意識的に声を大きくするトレーニングを行い、日常会話の発話と音声の両方の改善を目指します。

LSVT-01

LSVT®BIG

パーキンソン病患者さんは、身体の動きも小さくなりがちです。
意識的に身体を大きく動かすトレーニングを行い、集中して大きな動きを行うことで、正常に近い動きを獲得していきます。

LSVT-02

注意事項

・症状が安定している方(服薬の調整が出来ている方)
・リハビリや自主トレーニングを意欲的に行える方
・医師の判断により、LSVTによる改善が見込まれる方
・約1ヶ月の入院または18回(週4日(連続)×4週間・初期・最終評価)の通院が可能な方
 ※4週間の治療終了後には1・3・6ヶ月後に状態確認をさせていただきます

訓練内容

・週に連続4日を続けて4週間
・1ヶ月に16回のセッション
・1回60分
・毎日の効果持続の為の課題(月30回)
・毎日の宿題(月30回)※訓練のない日は1日2回

お問合せ

リハビリテーション科 広田(PT)・内田(ST)へご連絡ください。
TEL 083-258-3711