院内接遇研修

今回の研修は、『接遇』とはの説明から始まり、「もてなしとは何か?」について職員の意見交換や発表など盛り込んだ研修でした。
接遇マナーについての必要性や正しい技術の説明は、患者様やご家族様との対応を改めて考えさせられる良い機会でもあったと思います。
人は7~20秒の間に受けた第一印象によってその人をある程度判断してしまうと言われています。これからも、患者様、ご家族、そして職員にも「第一印象」「もてなしの心」を大切にしていきたいと思います。

 

顧客満足度向上・接遇委員会
接遇チーム担当 明知貴子

 

98-1