輸血研修会

IMG_5004 - コピー

 輸血委員会主催の研修会を10月29日(火)13時より1時間、地域交流ホ-ムにて山口県赤十字血液センタ-の吉山先生、西部供給出張所所長村岡先生をお迎えし、開催しました。

 内容は『輸血の取り扱いについて』血液製剤の外観、性質、保管方法、副作用、発注方法などについてスライドを見ながら、わかりやすく説明されました。

 看護師をはじめ介護士、リハビリ職など92名の参加がありました。献血の重要性、血液製剤の特徴、使用方法など理解が深まりました。

 

輸血委員会

検査室 西本和子

10月院内研修報告会

IMG_4243 - コピー

毎月25日に開催する研修報告会。
今月は以下の4名。

日時:平成25年10月25日(金)13:00~14:00
場所:地域交流ホーム
(発表名・発表者)

1.「災害ボランティアに参加して」 3病棟 看護師長 岩本守代

2.「第24回 全国介護老人保健施設大会 石川in金沢に参加して」 コスモス入所 山本美佐

3.「実務者研修教員講習会に参加して」 ケアタウン山の田 事業所長 保多盛優子

4.「事業所紹介」 グループホーム フロイデ彦島 永田良江

 

 

広報室

「ホスピス緩和ケア週間」講演会

IMG_3507

 日本ホスピス緩和ケア協会が主催する「ホスピス緩和ケア週間」(10月6日~12日)に因んで、10月5日(土)安岡病院において、ホスピス緩和ケア病棟の役割・実情を広く知ってもらう目的で、講演会を開催しました。

 地域の民生委員・介護施設の従事者を始め、医療・介護・福祉関係従事者ら約120人が集まりました。

 「ホスピス緩和ケア週間」講演会は今年で8回目を数え、今年度のテーマは「一人ひとりの生き方を支えるために」

  緩和ケア病棟専任医師、平田譲治医師が「緩和ケアとは」

  緩和ケア病棟認定看護師、山本妙子師長が「看取りのケア」

  栄養科の小林征子科長が「緩和ケアでの栄養士からのアプローチ」

  リハビリ科の安吉洸星作業療法士が「緩和ケアでのリハビリからのアプローチ」

 それぞれの立場から、どのように患者様・ご家族に接しているか、分かり易く説明しました。

 1999年に安岡病院が開設した下関市内唯一の「ホスピス緩和ケア病棟(25床)」の見学に続き、同病棟で毎週金曜日に開催されるボランティア「アンサンブルABO(アボ)」によるホスピスコンサートがありました。

 最後に東北復興支援ソング「花は咲く」を全員で唱和して、「いつでも、どこでも、すべての人に緩和ケア」を旨に締めくくりました。

 

安岡病院 事務局 

事務局長 松井利三

IMG_3525 IMG_3594 IMG_3624