松涛会役職員による年頭挨拶会

  1. 日時:平成24年1月4日(水)13:00~14:00
  2. 場所:地域交流ホーム
  3. 次第:
  • 松涛会グループ理事長 斎藤正樹
  • 松涛会グループ常務理事 斎藤英樹
  • 特別・特定医療法人社団松涛会安岡病院院長 三原桂吉
  • 松涛会グループ統括本部副本部長 浅田光博
  • 特別・特定医療法人社団松涛会安岡病院看護部部長 小原良江
  • 特別・特定医療法人社団松涛会事務局事務長 松井利三
  • 社会福祉法人松涛会事務局事務長 石川達哉

毎年恒例の年頭挨拶。
今年も安岡地区にある地域交流ホームにて開催。
理事長を始め、各役員による今年の抱負を述べました。

下関市内において、亜急性期~在宅に携わっている松涛会グループの特徴を生かし、職員ひとりひとりの力を結集し、地域貢献をしていく所存です。今年も宜しくお願い致します。

松涛会グループ
理事長 斎藤正樹

69-1 69-2

松涛会グループ理事長より新年のご挨拶

2012年の年頭に寄せて

賀正
昨年、3月11日は未曽有の東日本大震災と津波の為、東北の平和であった町が一瞬にして瓦礫化。更に追い打ちをかける原発の被害が現在も続いております。改めて被害にあわれたかたに哀悼の意を表します。
一方外国では、ギリシャを始めとするイタリア、スペイン等のEU諸国の経済危機、タイの大洪水による我が国の基幹産業施設被害等深刻な事態に遭遇しております。
わが国では、昨年累積赤字の国債額が遂に千兆円に達しました。返済の先送りの繰返しでは、日本経済の没落は火を見るより明らかです。
昨年の山口県の明るいニュースは、国体で山口県が二位の東京都の得点を大きく離して「天皇杯」「皇后杯」を獲得しました。大体、開催県が優秀な成績を挙げております。
世界人口は70億人を突破。毎日20万人の増加だそうです。我が国の高齢化は依然として進み2025年には約30%となり団塊の世代の人達も後期高齢者に なっております。したがって看護・治療より、介護・福祉の伸び率を厚労省は注目するでしょう。即ち、デイサービス、デイケア、小規模多機能、ヘルパー派 遣、グループホーム、ショートステイ、ケアハウス、生活支援ハウス、有料老人ホーム、高齢者賃貸住宅、在宅介護支援センター、居宅介護千事業所、特別養護 老人ホーム等の利用者が増加するのは時代の趨勢であると考えます。
年頭にあたり、皆様の御清祥を祈念致します。

2012年元旦

松涛会グループ
理事長 斎藤正樹

平成23年度 松涛会感謝祭

特別・特定医療法人社団松涛会
社会福祉法人松涛会 感謝祭

日時:平成23年12月22日(木)19:00~21:30
場所:海峡メッセ イベントホール
参加人数:589名

松涛会忘年会改め松涛会感謝祭

 理事長、斎藤正樹の思いにより、感謝祭と致します。
 まず、松涛会グループ職員の労をねぎらう。そして、松涛会グループを支えて下さる地域の自治会、民生委員、ボランティア、業者の方々に日頃の感謝の気持ちを込め感謝祭と変更致しました。

 感謝祭の会場で永年勤続表彰者に感謝の気持ちを込め、理事長より表彰者へ感謝状を手渡しました。

 今回、余興に参加された方々は、仕事が終わった後の練習で大変だったと思いますが、皆様のお陰で活気ある会となりました。皆様、お疲れさまでした。

 御出席された皆様方と企画・運営された方々と共に感謝祭を送ることができ感謝致します。また、当日夜勤業務にて出席できなかった職員の皆様、感謝致します。
 今年1年、大変お世話になりました。ありがとうございました。

※写真上、会場の全景。
写真中央、理事長より表彰を受ける永年勤続表彰者。
写真下、元気で活気ある余興のようす(写真は、設立25周年記念を迎えた「はまゆう苑」一同による)。

松涛会グループ
常務理事 斎藤英樹

 

66-1 66-2 66-3

平成23年度第2回新人職員研修

日時:平成23年11月7日(月)9:15~17:00
        11月8日(火)9:15~17:00
        12月7日(水)13:00~17:15※社会福祉法人のみ
対象者:平成23年4月~10月の採用職員

 松涛会グループでは、新人職員を随時行っています。そこで、縁があり松涛会グループの一員となり、共に働く仲間となった新入職員を対象に半年に一度、グループ全体の新人教育を年2回(毎年4月、11月)開催しています。
 松涛会グループ創設者である斎藤正樹理事長から講義が始まり、夕方まで新入職員として必要な講義を受けてもらいます。
 翌日より安岡地区や山の田地区、彦島地区の各事業所にそれぞれ散らばりますが、新入職員の皆様には、今回受講され聴いた話を忘れず、ご利用者様の笑顔の為、地域の為に共に頑張って頂きたいと思います。

□松涛会グループ共通新人職員研修

・理事長 斎藤正樹「これからの医療介護の展望」
・副理事長 斎藤妙子「松涛会の沿革」
・常務理事 斎藤英樹「松涛会理念・方針」
・栄養科長 坂本澄子「真空低温調理の食事提供」
・施設課長 村上実「防災・避難体制について」

□医療法人新人職員研修

・統括本部副本部長 浅田光博「近年の医療について」
・事務長 松井利三「松涛会組織概要」
・看護部長 小原良江「医の倫理と医療安全について」
・リハビリ科長 品川紀史「リハビリテ―ションの提供体制」
・医事課長補佐 獅子谷知子
 「医療保険・介護保険」「施設基準について」
・人事係長 原珠子「社会保険・厚生年金等」
・人事係長 嶺崎耕司「就業規則・服務規程等」

□社会福祉法人新人職員研修

・事務長 石川達哉「就業規則・コンプライアンス等」
・事務局係長 伊田和子「福利厚生について」
・看護副部長 森國秀美「急変時における介護職員の対応」
・介護スーパーバイザー 宮原律子「接遇マナー研修」
・事務局課長 松谷法史「高齢者虐待防止、感染症対策、
 認知症、その他介護保険に関する研修」

松涛会グループ
常務理事 斎藤英樹

QCサークル活動キックオフ大会2011

QCサークル活動の一環として、10月7日(金)、平成23年度QCキックオフ大会を盛大に行いました。今年度は6部署7グループの発表でした。
 QCサークル活動は、日頃の業務を見直し、患者さん・利用者さんへ質の高いサービスを、職員の働きやすい職場環境やサービスの質の向上を進め、顧客満足の向上・明るく活力に満ちた職場作りへの貢献を目指した活動です。
 手洗い綺麗隊・山田ナイトスクープ・汚染ZERO・ハッとしてGoodドライバー・杜ノ天使・プーたろう・他1グループのそれぞれの皆さん、来年5月の発表を楽しみにしています。
 また、今回、発表されなかった部署の方々も、日頃の些細な業務改善に目を向けて、来年度のQCサークル活動に参加して頂きたいと思います。

[QCキックオフ大会結果]
1位 コスモスディケア、2位 栄養科、3位 7病棟

QC委員会
看護部 森國秀美

 

61-1 61-2