ケアタウン山の田夏祭り

8月20日(土)、今年で2回目となる夏祭りが開催されました。昨年は実行委員として参加し、今年は実行委員長を任されました。
 企画・運営・実行と準備を行って迎えた当日、天気は朝から大雨。提灯を飾り、テントを張り、天気の回復を願いつつ、何とか曇り空を保ち一安心。外では焼きそば、焼き鳥などの匂いに近所の方も誘われるように集まって来られました。
 今年は、カラオケ大会も行い、93歳、95歳の入居者様の大熱唱ぶりに皆さん大歓声でした。また、平家太鼓保存会の方々による太鼓の生演奏に、沢山の笑顔と喜びの声を聞かせて頂きました。実行委員長として大きな達成感を味わうことが出来ました。
 夏祭りに参加された入居者様、ご家族様、地域の方々、ボランティアの方々、そして職員の皆さん、全ての人達に感謝しています。ありがとうございました。
また来年の夏、元気にお会いできることを楽しみにしています。

ケアタウン山の田 夏祭り実行委員長
山の田クリニック 石川敬子

 

52-1 52-2 52-3

コスモス通所夏祭り

8月20日コスモス通所リハビリ恒例の夏祭りを開催しました。
 ご利用者67名・ご家族、職員・ボランティアを含め総数120名とにぎやかなお祭りになりました。
 午前中は、演芸会です。今年は、ご利用者が奥様・サークル仲間の皆さんとウクレレ演奏を披露され拍手喝采。練習の成果を発揮され、満面の笑みが印象的でした。
 職員家族による厚島太鼓は、お腹の底から響く音で壮観でした。締めくくりは平家踊り。ご利用者の手拍子の中、職員が法被姿で踊りました。
 午後は模擬店で食事やゲーム。最後は恒例の全員参加の○×ゲーム。職員2人対抗で腕相撲、ラムネ早飲み、スクワット競争、どちらが勝つかご利用者が賭けます。当たればデイケア専用のお金がもらえ、最後に一番お金持ちが優勝です。みなさん真剣な眼差しで応援です。優勝者は80000円獲得し、優勝商品を獲得し終了。
 「楽しかったねえ」「上手だったねえ」「おいしかったねえ」「(腕相撲)強かったねえ」とニコニコの笑みで帰られるご利用者を見送り、無事に終了しホット一息です。
 さあ、またご利用者様の笑顔、交わす職員の笑顔を求めて、次のイベントを企画していきます。

コスモス通所リハビリテーション
看護師長 水野佳代子

 

69-1 69-2

ピアノ弾き語りコンサート

8月17日(水)、ケアタウン山の田では今回、各地で活躍なさっているピアノ弾き語りのアーティスト『俊智』さんをお迎えして、素敵なコンサートを開催致しました。
 入居者の皆様がいつも食事をされているレストランに、ご入居者様、ご家族、ご近所の方々が三々五々集まられ、紅茶やコーヒーを飲みながら、寛いだ雰囲気の中、楽しいひと時を過ごされました。
 俊智さんの洒脱な語り口も好感の持てるところで、早朝、赤間神宮あたりを散策されるうちに平家物語から引用された「祇園精舎」を演目に取り入れようと決められたと聞きました。深く心に染みる曲でした。
 「雷響」は、グランドピアノを一杯に開け、魂の響きが皆様を感動に導いていました。また、皆様と一緒に「千の風になって」「上を向いて歩こう」も唄い、若いミュージシャンとご高齢の方々を隔てることなく、ホール一杯に幸せな音楽が溢れました。後日談ですが、CDを2枚求められたご婦人が翌日は朝から一日中聴いて涙されたと伺い、感激致しました。
 俊智さん、素晴らしいひと時を有難うございました。参加された方々と共にお礼申し上げます。

グループホーム ケアタウン山の田
事業所長 辻村堯子

 

51-1 51-2