元気と癒しの演奏会

1月28日(土)、フロイデ彦島1Fケアハウス食堂にて、毎年、フロイデ彦島の入居者様に生演奏をして頂いているボランティアコンサートが開催されました。
下関市安岡駅前にてピアノ教室を主宰している神野由香先生や教室に通う小学生の生徒達、菊川町上岡枝でフルート教室を主宰する長門昌世先生と生徒達、計10名がピアノとフルートによる演奏を披露して頂きました。

「心を込めて演奏します。楽しい時間をお過ごし下さい。」と、神野先生の教室に通う安岡小学校1年生の三宅さきかさんが挨拶。

ピアノとフルートのコンサートは、馴染みある曲が多く、参加者の方々は一緒に歌っていらっしゃいました。フルートの音色には温もりを、ピアノの音色には早春を感じました。
入居者の方が、お気に入りの曲を口ずさみながら、余韻に浸りつつ居室に帰っていく姿が、印象的でした。

このたびピアノやフルートによるコンサートを開催して頂き、演奏者の皆様にはフロイデ彦島を代表して御礼申し上げます。ありがとうございました。
 
フロイデ彦島
事務長 中川ひとみ

100-1 100-2 100-3

大正琴の音色にのせて

ケアタウン山の田では1月28日、山の田北部公民館のカルチャースクールで練習をされている、大正琴「琴凌流、琴姫会」の皆様による初春コンサートが行われました。

新たな年の初めのコンサートにふさわしいアコーデオンとお琴の音色をミックスした、あでやかな演奏に感動したのは私だけでしょうか?
グループホームから参加された方も次第に表情が変わり、大正琴に合わせて大きな声で楽しげに歌われました。
「琴姫会」の皆様のはつらつとしたインタビューへのお答えや、91歳には見えないくらい若々しく、生き生きした男性会員のご様子に、趣味を持つ大切さをつくづく感じました。
参加者の皆様と一体になった演奏会に、初めて大正琴に出会った小学生の頃を思い出し、いつまでも余韻に浸ってしまいました。

グループホーム ケアタウン山の田
介護福祉士 池田かおり

75-1 75-2

焼き芋の日

1/26(木)先日から時おり雪の舞う寒さの中、焼いも機で作ったほかほかの焼いもを皆さまにお配りしました。
寒い冬といえば、やっぱり焼きいも。
あったかい焼いもをホクホクと食べるのは最高ですね。
半分に割った時に立ち上る湯気、黄金色のあまーいお芋に皆さまニコニコ。
「美味しい、美味しい」と召し上がられました。
寒い冬の醍醐味を堪能しました。 

フロイデ彦島
生活相談員 若松栄一郎

99-1

初詣『中山神社参拝』

新しい年を迎え、寒い日々が続いていますが、「ケアタウン山の田」では“グループホーム”“小規模多機能”の皆様、職員24名で綾羅木にある中山神社に初詣に行きました。

予定していた日は、『今年一番の寒さになる』と言われており、大変心配していました。当日、24日は朝から雪・・・。バスの中から参拝でもと思っていましたが、中山神社に到着する頃は、雪もなく日差しがあり、皆様の日頃の行いの良さがうかがえました。
中山神社では、皆様、熱心に参拝されていました。『今年の健康をお願いしました』『皆さんの幸せをお願いしました』『平和であるようにお祈りしました』など様々の思いをお祈りされたようです。
寒い中での参拝でしたが、『寒かったけど来て良かった』『外に出ると気分が変わるね』『足が悪いから、一人だとなかなか出掛けられないのよ。声掛けてくれてありがとう』と、皆様喜ばれていました。
帰りのバスの中では、次の外出について『桜、見に行きたいね』『温泉もいいね』など話がされました。
高齢で足が悪くなり、外出が難しくなられる方がいらっしゃいます。これからも外出支援を続け、皆様の気分転換や、喜びを増やしていきたいです。
暖かくなる春ごろ、今度は花見を予定しています。

小規模多機能型居宅介護 ケアタウン山の田
介護士 菊川幸恵

74-1 74-2

第4期はまゆう学校開校式

1月16日(月)、第4期はまゆう学校の開校式を行いました。
今までの反省や改善点をふまえ、新たにスタートしたはまゆう学校…
「手話」や「美術」など新しい授業も加え、いよいよ第4期のスタートです。

今日は手話の授業。とても好評で、皆様とても楽しそうな笑顔を見せていました。
3ヶ月後の卒業式に向け、明るく楽しい学校生活を過ごしましょう!

はまゆう学校
校長 三浦翔太

98-1 98-2