「1日消防署長」による視察

3月1日から3月7日まで、全国で一斉展開される「春季火災予防運動」の一環として、2月29日(水)、「1日消防署長」に任命された市内小学校の校長先生と消防職員の方5名が来所されました。
施設長より、施設の概要説明を行った後、館内及び館内の消防設備を視察されました。
「1日消防署長」には、実際に非常通報装置による消防署への通報と、消防署からの逆信を受ける体験もして頂きました。
フロイデ彦島の消防設備を視察し、高齢者福祉施設の火災予防に対する理解を深めて頂けたのではないかと思います。
私も、地域防災拠点であるフロイデ彦島の職員として、火災予防の意識を高めるとともに、火災防止体制の充実に努めたいと改めて感じました。

フロイデ彦島
生活相談員 若松栄一郎

106-1

はまゆう苑 雛飾り

あと数日で、お雛様の季節。
特別養護老人ホームはまゆう苑玄関ロビーにて雛人形がお披露目されています。
ご寄贈頂いた豪華な雛人形もいつからか、1つから2つへと並ぶようになりました。

雛祭りは、女の子のお祭り…。
そういえば、雛壇の横に施設のアイドル犬(シロとクロ)がいます。2匹とも女の子です。来苑された時には、是非、雛人形と姫(シロとクロ)を観て下さい。

はまゆう苑
課長 松谷法史

105-1

匂いおこせよ梅の花

2年前にオリーブを退居されたHさんのご家族から、「母が大変お世話になったので」というありがたいお言葉を添えられて、梅の枝をいただきました。
大きく広がった枝に可憐な白い花がちらほら咲き初めています。
さっそく玄関ロビーに飾らせていただくと、「立派な枝ぶりだこと!」「ひと足早く春がやってきたようね」と、皆様足を止められて鑑賞されています。
 Hさんの面影と、ご一緒に過ごした楽しい日々を想い起させてくれる、
春の贈り物になりました。

ケアハウスオリーブ
生活相談員 福本玲

104-1

いちご大福作り

2月22日(水)、ケアタウン山の田ではボランティアの方によるビューティレッスンの後、小規模多機能の利用者様、グループホームの入居者様合同で、いちご大福作りを作りました。
いちご大福を作ると聞き「えっ!?どうやって作るの?」「楽しみですね…」と興味津々のご様子。
初めは戸惑いながらも、栄養科の方たちに手伝っていただき、徐々に慣れた手つきとなり、いちごをあんに包む姿が見られました。
出来上がったいちご大福を美味しそうにほおばる方。また、「かわいいね」「食べるのがもったいないね」と眺められている方等、皆様それぞれの幸せそうなお顔が印象的でした。
レストランにボランティアの方も入り、おやつということで自分達が作ったいちご大福を頂きました。
いつもとは違う雰囲気に会話も弾み、楽しいひと時を過ごすことができたようです。

グループホーム ケアタウン山の田
介護士 広瀬知佳

82-1 82-2

バレンタイン

栄養士や調理師の皆さんが、パンやシフォンケーキに続き、今回バレンタインデーに合わせて、チョコケーキを心を込めて作りました。
味は、甘さ控えめ。食べやすいケーキとなっています。

松涛会グループ
副理事長 斎藤妙子

81-1