ケアハウス誕生会

10月28日(日)、誕生会を行い、9月・10月生まれの方のお祝いをしました。
まずは今月100歳を迎えられた入居者U様に花束と寄書きのプレゼント。いつも「私はまだ100歳にはなってない」と言われるU様、これからもお元気でお過ごし下さい。
そして、この度の誕生会には、誕生者のご家族が来て下さり、舞踊、歌の披露をして下さいました。当日までご本人には内緒だったので、驚きのプレゼントになりました。
華やかな舞踊、感謝の気持ちを歌詞にした歌に、ご本人はもちろん、皆様、感無量。いつもとはちょっと違って、暖かな家庭的な雰囲気の誕生会になりました。
9月、10月の誕生者の皆様、おめでとうございました。

ケアハウスフロイデ彦島
生活相談員 若松栄一郎

 

157-1157-2

にぎり寿司バイキング

ケアタウン山の田は、高齢者の皆様に、健康で活気があり、楽しい毎日を過ごして頂くために、様々なイベントを用意しています。
昨年も大好評でしたが、今年も10月25日は、「山の田名物・味自慢“にぎり寿司バイキング”」と銘打って、厨房の職員が法被姿の出で立ちで腕前を披露しました。
カウンターに御品書を下げ、新鮮なまぐろ、ふく、いか、えび、穴子等が盛られたお寿司を、綺麗な洋服を着られた入居者の皆様が、三々五々自由にお席に運び舌鼓を打っていらっしゃいました。
普段食欲の無かった方も、沢山召し上がられ、いつも以上に会話が弾み、笑い声が聞こえ、華やいだ雰囲気に満ち溢れました。
「生きていて良かった」と涙を浮かべながらお礼の言葉を頂いたり、「毎月して欲しい」「とても美味しかった」「なかなか外出できないけど、ここでお寿司屋さんへ行った気分にさせてもらって嬉しかったです」「最高!ごちそう様!」と手を振る方等々、喜びの声を沢山伺えて、演出・構成を担当したスタッフ一同に幸せな思いを頂きました。
まさに、私達がスタッフ全員で毎朝唱和している『あなたの喜びが私の幸せです。』という言葉通りです。

グループホーム・小規模多機能 ケアタウン山の田
管理者 辻村堯子

 

121-1 121-2

安岡地区海岸清掃

10月21日(日)晴天の下、松涛会グループとジェイコム下関との共同による海岸清掃を共に行いました。
参加者は、約120名。
各自ビニール袋を持って、木材やペットボトル、空き缶、等を拾い集めました。
1時間後には、1人2袋以上満杯にしたゴミが山となり、海岸は綺麗になり、参加者全員、気持ちの良い汗をかきました。
なお、この放送は、ジェイコムチャンネルで8:30、13:00、22:00の1日3回、11月1日(木)~15日(木)の間、放送予定。
参加された皆様、大変お疲れさまでした。

集合写真は、黄色Tシャツが松涛会グループ。赤色Tシャツがジェイコム下関。

松涛会広報委員会

 

119-1 119-2 119-3

秋の演奏会「どんぐりコンサート」

10月20日、澄みわたる秋晴れの朝、ケアタウン山の田ではレクリェーションの一環として山の田小学校金管バンドの生徒さん達をお招きしての「どんぐりコンサート」が開かれました。
会場になったレストランは、入居者様や父兄の方、地域の方々で賑わい、解放したレストランのデッキスペースの舞台には、身長ぐらいある大きなものなど様々な金管楽器が勢揃い。
その軽快な迫力感ある演奏に、木琴・ドラムのリズムが調和され、心地よいメロディとなって会場いっぱいに鳴り響きました。
この春、卒業して6年生が抜けた後、後輩の皆さんが練習に練習を重ねて来られた半年間。
そ の成果は、息のぴったりあった演奏とピタッと終わる最後の部分に表れていました。曲の紹介は、生徒さんが順番に発表。
手作りのコンサートになりました。子供さん達の一生懸命な姿に 感動して溢れる涙を何度も拭われていた入居者様のお姿も拝見しました。
最後に代表として、サービス付き高齢者向け住宅の入居者様にご挨拶を頂きました。即興で詠まれた俳句には、子供さん達を慈しむ気持ちが伝わってきました。
「どんぐりコンサート」は27名の生徒さん達が元気をいっぱい運んでくれた、
そんな演奏会になりました。

サービス付き高齢者向け住宅
管理人補助 勝尾雅代

 

120-1

秋の運動会

季節もすっかり秋。はまゆう苑デイサービスセンターでは、10月19・20日の2日間で秋の運動会を行いました。
紅組白組に分かれ、代表のご利用者様による選手宣誓を合図に競技の開始です。
借り物競走では、皆様負けじと全力疾走。ついて歩く職員を置き去りにするほどのスピードで突進する方もいて、会場は声援やら笑い声やらで大盛り上がり。
物送り競争は、まさに電光石火!ダルマや輪っかをお隣へいち早く託します。皆様抜群のチームワークで、待ちきれずに「早く早く!」とせかす声があちらこちらからあがっていました。
また、ぶら下がっているパンを口でとる「パン食い競争」では手を使うのは禁止!自然と上がってしまう手を抑えながら、逃げるパンを追うも必死。「頑張れ!」「あとちょっと!」と、応援する人も必死です。
他、職員によるリレーや綱引きもあり、あっという間に全てのプログラムが終了。
今回は紅組が優勝し、トロフィーを贈呈です。勝った紅組も負けた白組も、最後はたくさんの拍手で健闘を称えました。
恒例の行事運動会…次回もご期待ください!

はまゆう苑デイサービスセンター
介護士 三浦翔太

 

160-1