ケアタウン山の田 金管バンド ~秋の紅葉コンサート~

20171115-01

10月14日(土)山の田小学校「金管バンド」の皆様によるコンサートが開催されました。メンバー21名のダイナミックで軽快な演奏を披露いただきました。司会も生徒の皆様が順番にスムーズに進行されました。
入居者様・利用者様にとっては、お孫さんやひ孫さんと同じような年齢の生徒の皆様が、一生懸命に演奏する姿を見て感激されていらっしゃいました。
地域の方々と楽しい時間を過ごす機会が持てましたこと、「金管バンド」の生徒の皆様、ご父兄の皆様、顧問の先生方、今年も本当にありがとうございました。

ケアタウン山の田  原 珠子

20171115-03 20171115-02

グループホームケアタウン山の田 フルートミニコンサート

20170804-11

 7月28日(金)午後、レストランホールにおいてボランティアによる『フルートミニコンサート』が行われました。テーマは「暑い夏のひと時を、涼しく、懐かしく、新しい風を感じませんか」ということで、夏にちなんだ7曲、そのあと入居者の皆様からのリクエストにお応えし3曲、途中トークを交えながらのひとときを楽しんでいただきました。一緒に口ずさんだり、しっとりと聴き入る方、体でリズムを取ったりとそれぞれにフルートの優しい音色を感じているご様子。
 フルートを演奏してくださった海上自衛隊八戸航空基地勤務の引地恵理さんは「本来ならばサックスが専門ですが、今回はフルートで楽しんでいただければ・・・」と、夏の曲をメインに練習されたとの事です。普段は厳しい勤務の日々、休暇は音楽や旅を楽しまれています。
 リクエストの【千の風になって・荒城の月・いい日旅立ち】を「初めて吹く曲です」とおっしゃりながら、持ち前の度胸とサービス精神で応えてくださいました。
 まだまだ暑い日が続きますが、皆様お体を大切に・・・。

グループホームケアタウン山の田
管理者 冨岡紀久江

20170804-13 20170804-12

ケアタウン山の田 「突撃サンタ」

20161229-11

ハッピーメリークリスマスイブ

今年も12月24日、クリスマスイブがやってきました。
ケアタウン山の田毎年恒例の「突撃サンタ」の開催です。
第7回目となる今回のサンタさんは過去最多の7名、さらにピコ太郎に扮する拠点長を合わせ総勢8名と例年以上のサプライズが期待できそうです。
“わいわいがやがや”賑やかなサンタ一行はグループホーム→小規模→サ高住の順番でプレゼントを届けていきます。就寝されている方や入浴直後の方、廊下を歩いている方などへ鈴の音とともに「Merry Christmas」の大号令。驚いた表情の後には皆さん満面の笑顔を見せてくれました。記念撮影ではサンタに負けず劣らずの嬉しそうな表情を写真に収めることが出来ました。

また第8回目でも驚いた表情や笑顔の皆さんとお会いしたいと思います。
来年もケアタウン山の田の皆さまが健やかに、朗らかに1年を過ごされることを心よりお祈りしております。

山の田内科 リハビリ
戸井信之介

20161229-14 20161229-13 20161229-12

ケアタウン山の田夏祭り開催!

20160726-01

第7回ケアタウン山の田夏祭りを7月16日(土)に開催しました。
梅雨明けするかしないかの時期で、予想では降水確率63%で雨が降ると言われていましたが、当日は晴天となり、無事に開催することができました。
今年の模擬店は、わたがし、から揚げ、ラムネを新しく取り入れ、例年好評のかき氷など盛り沢山の内容に、とても喜ばれ美味しそうに召し上がられていました。
カラオケ大会では、利用者様や職員が参加し、一緒に楽しみました。カラオケ最後の曲は、好例の松井事務長による「まつり」では、会場全員で「そいや!そいや!」の掛け声が響きわたり、とても大盛況でした。
祭りの締めは、ボランティアによる平家太鼓で華を添えて頂き、平家踊りを踊りました。
ご利用者様、地域の方々、ボランティア、職員が一丸となることで、日常では体験できない経験を共有でき、大盛況の祭りを開催する事が出来ました。
祭りに参加された方々、ご協力ありがとうございました。

ケアタウン山の田夏祭り 実行委員長 佐々木 舞

20160726-03 20160726-02

ケアタウン山の田 しものせき・竹・アンサンブルコンサート

20160527-01

5月21日土曜日、ケアタウン山の田では、高齢者向け住宅入居者様、小規模多機能利用者様、グループホームの入居者様、一般のお客様をお迎えして、しものせき・竹・アンサンブルの皆さんによるコンサートを開催致しました。

持ち込まれた楽器は竹だけで、大きく太い竹の音色はどこか懐かしく優しげな音を奏で、細く小さい竹は繊細でかつ心を弾ませる音でした。“コンドルは飛んでゆく”は観客の心を包み込むように静かに始まり、感動して目頭を押さえる方の姿も多く見られました。どの曲も心地よく、つい口ずさみたくなるものでした。最後の曲は、二枚の竹で作られた楽器を用意して頂き、カスタネットの様にして鳴らし、参加者全員で演奏し会場が一つになった瞬間でした。

アンコールにも応えて頂き、素敵な時間を送りました。

 グループホームケアタウン山の田 介護職員 長谷川 洋子

20160527-02