フロイデ金比羅 「身体拘束・高齢者虐待防止」勉強会

20170221-01

2月17日 「身体拘束・高齢者虐待防止」の勉強会を行い、職員間で定義や基本的な考え方について確認を行いました。
今後とも利用者の尊厳を守り、質の高い介護を行っていきたいと考えます。

特別養護老人ホーム フロイデ金比羅
ユニットリーダー 後 昌宏

ケアタウン山の田 豆が飛び交う節分祭

20170216-01

2月3日 今日は節分、お昼のメニューには巻きずし、鰯の柔らか煮、きんぴら大豆、鬼の顔の蒸しまんじゅうと縁起の良いおかずが並びました。今年は歳神様のお出でになる方角が北北西ですので意識されて黙々と巻きずしを食べておられる風景を拝見しました。

そして午後2時からは節分祭が開かれました。今年は新バージョンとして節分にちなんだクイズもとりいれました。

酉年の入居者様、職員を含む年男さん年女さんが裃を着て皆様の前に並び住宅職員からのインタビューを通じてお人柄、エピソードから垣間見る生活の風景などが伝わりました。いつもレストランでお見かけする入居者様・職員のことを知る機会にふれ会場の皆様も興味津津に聴き入れておられました。そのあとパワーポイントで酉年の出来ごとを紹介し、昔起きた事件などを懐かしむお姿を拝見できました。

最後に年男さん、年女さんのお手元には小袋入りの菓子豆、会場の皆様には新聞で作った豆をお持ちいただいて、鬼さんとお福さんが登場しますと、待ってましたといわんばかりに鬼さん目がけて豆が飛び交いました。鬼退治に全力を注がれる皆様のお姿はいつもとはまるで別人のようで災いが一気に払いのけられたように感じました。

最後は豆まきと鬼のパンツを合唱して終了。来年もまた皆様にたくさんの笑顔を運べるよう楽しい節分祭を企画して参りたいと思います。

明日は立春です。ケアタウン山の田の入居者様がこの一年どうぞ健康で幸せでありますよう歳神様にお祈り申し上げます。

サービス付き高齢者向け住宅 ケアタウン山の田
事業所長 勝尾 雅代

 20170216-03 20170216-02

小規模多機能 くるみの家 2回目の外部評価及び結果公表について

 この度、2回目の外部評価を受けました。
 厚生労働省の示す運営基準の中で「事業所は提供するサービスの質を自ら評価するとともに、定期的に外部の者に評価を受けて、結果を公表すること」が義務付けられております。
 自らの実践を振り返り、職員の個別の評価を取りまとめた事業所自己評価と運営推進会議(外部評価)で出された意見に基づき総括表を作成し評価と確定をいただきました。
 この取組みを通して地域から必要とされる事業所作りを目指し、改善計画を基に職員一同一層の努力をして参りたいと思っております。ご家族の皆様におかれましては、これからも宜しくお願い申しあげます。

詳しくは、下の総括及び自己評価をクリックしてください。

平成28年度総括

平成28年度自己評価

ケアハウスフロイデ彦島 バレンタインチョコレート作り

20170213-01

2月13日、バレンタインにプレゼントするチョコレート作りを行いました。
皆様とても楽しみにされており、毎年参加されている入居者様も、張り切って作っておられました。
カラフルでかわいいチョコレートに仕上がり、皆様とても喜んでおられました。

ケアハウスフロイデ彦島 介護士 五十嵐 由美

20170213-02 20170213-03

はまゆう苑デイサービス 節分会

20170216-12

2月3日は節分ということで午後から節分会を行いました。
今回は恵方巻きにちなんで「ロシアン恵方巻き」と題してわさび入りの恵方巻きを誰が食べたが当てるゲームや鬼のパンツをモチーフにした「鬼のパンツ早履き対決」を行いました。
最後には悪い鬼が乱入してきましたが見事退治して鬼と一緒に記念撮影を行い、今年一年の無病息災を祈りました。

はまゆう苑デイサービスセンター
介護士 上田 佳弘

20170216-13